【今週のFX投資結果】

売買損益   -39,083円
預託証拠金  718,844円(▼39,302)

評価損益   0円
有効証拠金  718,925円(▼39,221)

2018年からヒロセ通商のLIONFXで取引を開始しました。
口座資金は100万円からスタートです。

【今週の為替レート】

通貨ペア  始値, 安値-高値, 終値, 先週比
ドル円   106.28, 106.09-107.86, 106.82 (△0.53)
ユーロ円  131.93, 130.94-133.00, 131.34 (▼0.56)
ポンド円  149.11, 148.52-150.89, 149.18 (△0.13)
ユーロドル 1.2409, 1.2258-1.2433, 1.2294 (▼0.0113)

【今週の為替相場】

今週は先週のドル売りの巻き戻しのためか、ドル高となりました。

中国市場は旧正月、19日のNY市場は祝日プレジデンツデーで休場のため取引参加者が少ないということもあってか、波乱のない相場とっています。

米FOMC議事録、ECB議事録の発表も大きな波乱要因とはならず、相場への影響は限定的でした。

【今週のFXトレード】

週前半は買っていたものの、金曜日にスキャルピングをやってしまい、損失を拡大させてしまいました。

下落基調に乗って利益を伸ばす際にポジションを増やしすぎました。

戻りでドテン買いしたところ、再度下落して損失拡大、そこでドテン売りしたら上昇といわゆる往復ビンタを食らってしまいました。

スキャルピングからは一旦撤退します。。。

また、利益確定も抵抗線あたりでこまめにするようにします。

これまでは損切りをエントリーポイントに置いてなるべく利益を伸ばそうとしていたのですが、最近は反転してしまってせっかくの利益を取れないケースが多かったためです。

一発逆転を狙っていたのが良くなかったのだと思いますので、ここから気持ちを切り替えて再スタートします!

【今週のFX投資の反省点】

先週までの反省点

・ストップロスを設定すること
・ポジション数を適切に管理すること
・損切りは早めに
・利益確定を確実にする
・利益が乗っている場合は逆指値損切りだけ設定しておく

・トレンドが出た時はトレンドフォローに徹する
・中長期のトレンドを意識する
・逆張りより順張り

・揉み合い時にエントリーしない
・キリ番でエントリーしない
・抵抗線をブレイクした瞬間にエントリーしない
・損切りポイントをブレイクポイントから少し離す

・急騰・急落時のエントリーは慎重に
・値頃感でトレードしない

・指標発表前はシナリオを作っておく

・飲み会中のエントリーはしない

・スマホでの取引は原則しない

・損失を取り戻そうとムキにならない

今週の反省点

・利益が乗っている場合は逆指値損切りだけ設定しておくが、抵抗線での利益確定も考える
 急騰急落で利益を伸ばしている場合、逆指値による損切りのみ設定し、
 ストップを追随させて利益を伸ばせるところまで伸ばしていきます。
 ただし、利確のために抵抗線あたりで利確することも考えていきます。

・ゴトウ日を意識したトレードを行う
 ゴトウ日のドル円は9時55分までは上昇、その後急落という
 パターンが多いのは知っていたのですが、つい忘れがちです。
 前日ドル円売りで利益を出していたのにゴトウ日の上昇で
 損切りになってしまうことがこれまで何度かありました。

【来週の注目経済指標】

2/26 欧)ドラギECB総裁の発言
    米)新築住宅販売件数
2/27 米)耐久財受注
    米)消費者信頼感指数
    米)パウエルFRB議長の議会証言
2/28 米)第4四半期GDP(改定)
    米)中古住宅販売保留
    米)週間原油在庫
3/1 英)製造業PMI
   米)新規失業保険申請件数
   米)個人所得・支出
   米)ISM製造業景況指数
   米)パウエルFRB議長の議会証言
3/2 米)ミシガン大消費者信頼感指数

【来週のFX投資の予定】

ドル円   下落基調。戻り売りだが、かなり下落済みなので要注意。105.60-108.30。
ユーロ円  131.20の下値抵抗線突破。131.20-133.00で戻り売り。
ポンド円  147.00-150.20で戻り売り。
ユーロドル 1.1550-1.2090のレンジ突破。1.2200-1.2540で押し目買い。