【今週のFX投資結果】

決済損益   -67,545円
預託証拠金  815,830円

評価損益   -99,723円
有効証拠金  716,107円

2018年からヒロセ通商のLIONFXで取引を開始しました。
口座資金は100万円からスタートです。

【今週の為替レート】

通貨ペア  始値, 安値-高値, 終値
ドル円   108.76, 108.39-110.44, 110.17 ↑
ユーロ円  134.97, 134.14-137.45, 137.19 ↑
ポンド円  153.65, 151.95-156.58, 155.49 ↑
ユーロドル 1.2423, 1.2331-1.2519, 1.2451 ↑

【今週の為替相場】

●ドル円は下落後反発

今週はトランプ大統領の一般教書演説、FOMC、米雇用統計といった重要イベントが目白押しでした。また月末ポジション調整もあって難しい相場でした。

先週日銀によりテーパリング観測は打ち消されましたが、今週も引き続き円高の流れは継続され、週前半は109円割れで推移しました、

108円半ばから下値を試すも週後半で反発し、最終的には110円を回復しています。

31日は日銀による国債買い入れオペ増額を受けてドル円は上昇しました。

また、相場への影響が懸念されていたトランプ大統領の一般教書演説は無難に終わり、為替相場への影響は限定的でした。

一方で、FOMCでは景気の緩やかな拡大が続くこと、インフレ上昇の継続などの見解が示され、3月利上げが示唆されたことから、ドル円は109円半ばまで反発しました。

2月1日は米ISM製造業景気指数の発表が有りました。
市場予想を上回る結果でしたが、相場への影響は限定的でした。

2月2日の米雇用統計は強い結果でした。
 非農業部門雇用者数 予想 18.0万人 → 実績 20.0万人
 失業率 予想 4.1% → 実績 4.1%

一気にドル高になるかと思いましたが、米10年債利回りの上昇を嫌気したダウ平均株価が一時約700ドル超も急落したことでドル円は伸び悩みました。

●ユーロドルは上昇も弱め、ユーロ円は上昇

・先週日銀によるテーパリング観測が打ち消されたこと

・メルケル首相の政党である第一党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第二党である社会民主党(SPD)との大連立協議が楽観視されていること

・ECBの早期資産購入終了観測

などにより、今週もユーロドル、ユーロ円は上昇しています。

●ポンド円は引き続き上昇

今週も先週に引き続きポンドが強く、対ドルでブレグジット後の高値を更新中です。

ハード・ブレグジット懸念が後退していること、年内利上げ期待が高まってきているためのようです。

【今週のFXトレード】

今週もポンド円、ユーロドルの上昇が止まらず、私の含み損も増える一方でした。

ポンド円については一時下落したのですが、その際は本業が忙しく相場を見ることができませんでした。そのまま反転して急騰しまい、損切りのタイミングを逃しました。

ポンド下落の目処が立たず、来週の英中銀金融政策会合(MPC)による相場への影響が読めないので、先週に引き続きポジションの一部を損切りしました。

来週も円高傾向が続くのであれば積極的に残りの含み損ポジションも損切りしていきます。

ドル円の下落トレンドに従って引き続き戻り売りをしていたのですが、今週は反転してしまったので早めの損切りで対応しました。

来週は金曜日のダウ平均株価急落を受けてリスクオフの円買いが進むのか、強い雇用統計の結果からドル買いが進むのか、方向性を見てトレードに望みたいと思います。

また、今週は最近のユーロ高に乗っかり、ユーロ円の押し目買いでトレードしました。

こちらは上手くワークしましたが、短期足に囚われすぎて無駄な損切りが多かったです。
このあたりは今後改善が必要です。

【今週のFX投資の反省点】

先週までの反省点

・ストップロスを設定すること
・ポジション数を適切に管理すること
・トレンドが出た時はトレンドフォローに徹する
・逆張りより順張り
・損切りは早めに
・利益確定を確実にする
・ブレイクした瞬間にエントリーしない
・損切りポイントをブレイクポイントから少し離す
・飲み会中のエントリーはしない
・スマホでの取引は原則しない

今週の反省点

・中長期のトレンドを意識する
 短期足をずっと見ていると中長期のトレンドを忘れがちです。
 損切りポイントを長めの足でも確認すべきでした。

・値頃感でトレードしない
 急騰、急落でそろそろ反転するだろうとエントリーしましたが、
 海外勢はトレンドフォローに徹するためか、高値安値を更新していきます。
 安易な値頃感でのエントリーはすべきではありませんでした。

【来週の注目経済指標】

2/5 米)ISM非製造業景気指数
2/6 米)貿易収支
2/7 米)週間原油在庫
2/8 英)英中銀政策金利
   米)新規失業保険申請件数

【来週のFX投資の予定】

ドル円   上昇基調に変化か。方向性を様子見。108.30-112.00。
ユーロ円  131.40-134.50のレンジ突破。押し目買い。
ポンド円  147.00-153.40のレンジ突破。押し目買い。
ユーロドル 1.1550-1.2090のレンジ突破。1.2090を下限に押し目買い。