2018年1月時点の私の投資資産構成をご紹介します。

以下の資産構成の円グラフはマネーフォワードから持ってきました。

投資資産構成

現金・預金

カテゴリは現金・預金ですが、実際は証券口座にある待機資金であったり
勤務先の年金財形が大きな割合を占めています。

株式

現時点では株価はかなり高値圏にあると思っていますので、
新規での株式投資は基本的に見送中で、IPO投資がメインです。
といっても全く当選しませんので、IPOセカンダリー投資中心となっています。

また、株式投資で大きな割合を占めているのが勤務先の持株会です。
奨励金目当てに入社直後から入っていますが、一時期は投資成績が相当マイナスでした。
ただし、現時点では持株会が一番投資成績がいいです。

FX

今の私のメインの投資先です。
裁量取引と自動売買(システムトレード)に取り組んでいますが、
裁量取引ではなかなか利益が出ていない状況です。

保険

ソニー生命の変額保険に加入しています。

保険料繰入比率は以下のとおりで、株式型メインとなっています。
 株式型(20%)
 日本成長株式型(20%)
 世界コア株式型(30%)
 世界株式型(30%)

年金

公的年金(国民年金・厚生年金)と勤務先の確定拠出年金(企業型DC)です。

確定拠出年金(企業型DC)の組入比率は以下のとおりです。
 DC国内株式インデックスファンド(50%)
 DC外国株式インデックスファンド(50%)

以前は外国債券、新興国債券、新興国株式も組み入れていましたが、
パフォーマンスのいい国内・外国株式インデックスファンドに集中させました。

基本方針

以上のとおり、私の資産は構成の内訳はほぼ株やFXのリスク資産となっており、
ファイナンシャルプランナーの方が見ると間違いなくNGだと思います。

幸いにも近年は投資環境がいいので好成績が続いていますが、
今年は守りの資産構成に変えていこうと思っています。